顧問税理士の選び方

税理士は会社を設立する前か設立した直後に顧問契約を結ぶのが理想ですが、初めて会社を設立する方にとっては、どのように税理士と顧問契約を結んだらよいかわからない方も多いと思います。特に税理士は税理士事務所に依頼するのか、個人事務所に依頼するのかによってかなり金額が変わってきてしまう部分もあります。もちろん税理士の中には会社のためになる税理士もいればそうでもない税理士も存在します。会社が続く限り顧問契約を続けて行く存在ですから、できれば良い税理士と一円でも安い金額で顧問契約を結びたいと思うのはどの経営者も同じはずです。

税理士を選ぶ判断基準の中でも指針となるのは、会社の節税に積極的であるという事です。税理士の中には顧問契約をした会社に有益になるようにと、現在の売り上げ状況や税金の金額などを精査して、会社にとって有益な税金になるようにアドバイスをしてくれる方がいます。そういった税理士を選ぶ事で、安定した経営を行う事ができるようになります。

また、税理士は経営者が受け取る役員報酬などのアドバイスをしてくれる方がおすすめです。役員報酬を貰う額によって税金は大きく変わってしまいますので、これらのアドバイスを親身になってしてくれる税理士は会社にとって頼りになる存在になるでしょう。

単発ではなく

日本の中小企業のほとんどが税理士と顧問契約を結んでいます。税理士は経営者と一緒に会社を良くしようとアドバイスをしてくれます。そのため、経営者が現場目線でなく財務の面からのアドバイスを貰う事ができますので、より安定した経営をする事ができるようになっているのです。

経営者の中には税金は売り上げ金が入ってからかかるものという認識を持っている方も多いかと思います。しかしながら、商品は売れたけどお金が入ってくるのはまだ先の話という時でも、売れたタイミングから利益として計算しなければならないような場合もあるのです。そのため、売り上げ金がまだ入っていないから税金の心配をせずに色々な所にお金を使ってしまうと税金が支払えない可能性も出てきますので注意が必要になります。

このようにわかりやすい問題だけでなく、経営をしていると至る所に税金の心配が出てくる場面が多く、その都度税理士に依頼するのはお金が勿体ないという事があります。また顧問契約を結んでいれば、常に経営状況を把握してもらえていますので、より密接で濃厚なアドバイスをしてくれるような場合も出てきます。顧問契約は経営者にとって魅力的である事は間違いありません。

税理士の仕事

税理士は会社設立の時に頼りになる存在である事は間違いありませんが、その後の会社経営の際にもしっかりとアドバイスをしてくれる頼れる存在です。税理士の事を知らないという方は、税理士がどのような仕事をしているのかや、税理士と似たような仕事をしている公認会計士との違いなどよくわからない部分も多いと思います。そのため、税理士がどのような仕事をしているのかをしっかりと知る必要があるのです。

税理士はその名の通り税金に対する仕事全般を請け負ってくれるお仕事です。税理士は忙しい経営者にかわって税金に関連する業務を代行します。最も多い仕事は会計処理などですが、他にも税理士という立場から節税のアドバイスをしてくれたり、面倒な申告書を代わりに作成して提出してくれたりする大事な業務を行ってくれます。また、会社経営とは少し離れますが、相続税や贈与税などについてのアドバイスもしてくれます。

日本は非常に税に関する仕組みが複雑になっておりますので、それらの業務を正確に適切に処理してくれる税理士は、今の日本企業にはなくてはならない存在になっております。特に専門的な知識が必要になる税務調査などが行われる時などは会社側に立ってアドバイスをしてくれます。

会社設立には

会社を設立する時には、賃貸物件を探したり、パソコンや複合コピー機などのOA機器の準備や会社設立に必要な書類の準備など色々と忙しい日々が続きます。どんなに前もって準備していたとしてもやはりバタバタしてしまうのは間違いありません。

そんな時に多くの方が陥りやすいのが書類の不備です。特に複式簿記に全ての取引仕訳を記帳するのはとても難しく面倒な作業になりますので、意外に抜けてしまうという方も多いと思います。基本的に会社を設立した段階で資本金が1000万円を超えているような場合には、いきなり初年度から消費税の申告義務が出てきてしまいます。もちろん資本金が1000万円に満たないような会社の場合であっても、初年度は大丈夫ですが、三期目からは資本金が1000万円を超えているような会社と同じように消費税の申告義務が出て来てしまいますので、いずれは行わなければならないことなのです。

もし消費税の申告をする時に過去の領収書が無かったり、やっていたはずの複式簿記で記帳が出来ていないような場合には、とても困ります。まして複式簿記で記帳するどころか最初から何もしていなかったという場合には、違反になってしまいます。その場合には追徴課税が徴収される事もあり、会社の存続にもかかわる問題になってきます。

そこでこちらのページでは、そのような事態が起こらないように税理士を雇う事のメリットなどについてご紹介しますので、ぜひチェックしてください。