税理士の仕事

税理士は会社設立の時に頼りになる存在である事は間違いありませんが、その後の会社経営の際にもしっかりとアドバイスをしてくれる頼れる存在です。税理士の事を知らないという方は、税理士がどのような仕事をしているのかや、税理士と似たような仕事をしている公認会計士との違いなどよくわからない部分も多いと思います。そのため、税理士がどのような仕事をしているのかをしっかりと知る必要があるのです。

税理士はその名の通り税金に対する仕事全般を請け負ってくれるお仕事です。税理士は忙しい経営者にかわって税金に関連する業務を代行します。最も多い仕事は会計処理などですが、他にも税理士という立場から節税のアドバイスをしてくれたり、面倒な申告書を代わりに作成して提出してくれたりする大事な業務を行ってくれます。また、会社経営とは少し離れますが、相続税や贈与税などについてのアドバイスもしてくれます。

日本は非常に税に関する仕組みが複雑になっておりますので、それらの業務を正確に適切に処理してくれる税理士は、今の日本企業にはなくてはならない存在になっております。特に専門的な知識が必要になる税務調査などが行われる時などは会社側に立ってアドバイスをしてくれます。