顧問税理士の選び方

税理士は会社を設立する前か設立した直後に顧問契約を結ぶのが理想ですが、初めて会社を設立する方にとっては、どのように税理士と顧問契約を結んだらよいかわからない方も多いと思います。特に税理士は税理士事務所に依頼するのか、個人事務所に依頼するのかによってかなり金額が変わってきてしまう部分もあります。もちろん税理士の中には会社のためになる税理士もいればそうでもない税理士も存在します。会社が続く限り顧問契約を続けて行く存在ですから、できれば良い税理士と一円でも安い金額で顧問契約を結びたいと思うのはどの経営者も同じはずです。

税理士を選ぶ判断基準の中でも指針となるのは、会社の節税に積極的であるという事です。税理士の中には顧問契約をした会社に有益になるようにと、現在の売り上げ状況や税金の金額などを精査して、会社にとって有益な税金になるようにアドバイスをしてくれる方がいます。そういった税理士を選ぶ事で、安定した経営を行う事ができるようになります。

また、税理士は経営者が受け取る役員報酬などのアドバイスをしてくれる方がおすすめです。役員報酬を貰う額によって税金は大きく変わってしまいますので、これらのアドバイスを親身になってしてくれる税理士は会社にとって頼りになる存在になるでしょう。