日別アーカイブ: 2016年12月22日

単発ではなく

日本の中小企業のほとんどが税理士と顧問契約を結んでいます。税理士は経営者と一緒に会社を良くしようとアドバイスをしてくれます。そのため、経営者が現場目線でなく財務の面からのアドバイスを貰う事ができますので、より安定した経営をする事ができるようになっているのです。

経営者の中には税金は売り上げ金が入ってからかかるものという認識を持っている方も多いかと思います。しかしながら、商品は売れたけどお金が入ってくるのはまだ先の話という時でも、売れたタイミングから利益として計算しなければならないような場合もあるのです。そのため、売り上げ金がまだ入っていないから税金の心配をせずに色々な所にお金を使ってしまうと税金が支払えない可能性も出てきますので注意が必要になります。

このようにわかりやすい問題だけでなく、経営をしていると至る所に税金の心配が出てくる場面が多く、その都度税理士に依頼するのはお金が勿体ないという事があります。また顧問契約を結んでいれば、常に経営状況を把握してもらえていますので、より密接で濃厚なアドバイスをしてくれるような場合も出てきます。顧問契約は経営者にとって魅力的である事は間違いありません。